緑の光と赤の光のセンサーの機能は?

緑色のライトは心拍を測定するセンサーに対応しており、赤色のライトは血中酸素の測定に対応します。

緑色のセンサーが点滅している場合:

  1. 健康データの計測が手動で行われている
  2. 1時間ごとの健康データの自動計測が行われている

緑色のセンサーが点灯している場合:

  1. ウォッチ上で心房細動の機能が作動している

 

Watch Generation 2には血中酸素レベルの計測とともに機能する赤いセンサーが付いています。

赤いセンサーは時計世代2の側面にあります、ウォッチの健康機能のうち、血中酸素計測が始まる時に作動します。

血中酸素の機能が作動すると、赤いセンサーが点灯し、計測後、ユーザーがウォッチ上の健康機能メニューに戻るまでオンのままとなります。

 

注意:緑色のセンサーはユーザーに不整脈がないか検知するためオンのままになります。

ご注意

心房細動の機能が作動していない時、ウォッチの緑色のセンサーは1時間に1度の自動計測の時のみ点灯します。

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?
7人中6人がこの記事が役に立ったと言っています
共有